君の名を唱えよう

NEWS小山慶一郎を担当としKAT-TUN上田竜也にリア恋してるヲタクの徒然草

社畜ジャニヲタの数ヵ月のはなし

(要約)めちゃくちゃ個人的な近況。年始からWORLDISまでの話。

年始にEPCOTIAライナーに搭乗したもの、WORLDISTAに落選。その間に2.5次元とその分野で活躍されている俳優さんにどちゃくそハマってしまい、あわや担降りか?!とまで思いましたが人生の節目でまさかのチケット譲渡のお話を頂きそのまま休職からの弾丸長野。そして人生初、担当からのファンサを貰ったよ☆という話。(要約へたくそか)

 

こんばんは!お元気ですか?

気が付いたら90日以上ブログを更新してなくて、PC版で広告が出てきてしまっていてビビりました茉莉花です。お久しぶりです。

 

要約でお察しいただいたかとは思いますが、私はあんまり元気というか健康ではない(笑うしかない)

Twitterでは散々辞めさせてもらえない・・・・と屍になっておりましたが、辞められなさすぎて心身ともに限界がきてついにドクターストップがかかりました。HAHAHA・・・・職場から逃げたい(切実)

 

でも昨日ご縁ありWORLDISTAに行ってきました!なので少しだけ元気です!

ブログの内容はそれなりに前向きに終わる予定なのでお暇な方は安心してこのままお付き合いください(笑)

 

 

〇1月

EPCOTIA~encore~が終わると私には次の現場が待っていました。

紅白にも出ていた刀剣男士を見に行ってきたんです。

そうミュージカル刀剣乱舞、通称刀ミュ(とうみゅ)。

2次元のヲタクでもある私。刀剣乱舞は好きだったのですが、2.5次元なるものは初めてでした。

しかし年始から始まる刀ミュ「三百年の子守唄(再演)」には推しキャラが出ていると聞いたので意を決してチケットを申し込み、なんとか1公演だけチケットがご用意されておりました。

 

推しキャラが2.5次元になるのを見に行ったはずが、そこで私は運命の出会いを・・・・具体的に言うと、元からの推しではないキャラに落ちてしまったのでした。

 

演じてらっしゃる俳優さんの演技が本当に上手で、あーそこに本物のキャラが存在する、生きている、って本気で思ってしまって。すごい人が2.5次元の世界にはいるんだって。

ジャニヲタの中には兼ヲタの方もいらっしゃいますから名前を出すと荒木宏文さんという俳優さんなのですが。

 

あまりにも演技が素晴らしかったので、失礼ながら元々は特別推しではなかったキャラがものすごくキラキラして見えて。

今では1番好きだしゲームでめちゃくちゃ育成しております。元々推してる方にめちゃくちゃ申し訳ないけど今とても真剣に推してるから許してほしい。

 

そして。今まで俳優さんをちゃんと追いかけたことがなかった私が荒木さんのことは追いかけていきたいなって決意したのです。

ジャニーズで手一杯って感じだったのに軽率に推しを増やす女(笑うしかない)

 

そして1月が終わるあたりだか2月上旬だかにWORLDISTA当落(だったと思う)。

 

落選

 

アリーナだしたまアリしか希望出していなかったので案の定というか。(仕事の都合上土日に遠征は無理。名古屋遠征は平日だったのでいけた)

ショックだし悲しかったけどEPCOTIAはドームがencoreできたし。と言い聞かせてなんとか気持ちを落ち着かせておりました。追加を待とうと。

 

でもたぶん大丈夫じゃなかったんですよね。このへんから思いっきり俳優さんのほうに落下していったので。

 

〇2~3月

もうこのへんはとにかくみほとせ(初演)のBlu-rayをとにかく見て過ごす。

死ぬほど見た。見た回数ならNEWSの美しい恋にするよに届くかたぶん追い越すぐらい見ました。すっごい良いし面白いんですよこの作品。感動する。

 

そして荒木さんの過去出演作のDVDをちょこちょこ買い始める。そしてめちゃくちゃ見る。

この繰り返し。

 

どのみち行けないし、と思うとWORLDISTAの情報はどうしても目が滑る。

そして新規ハイの勢いは恐ろしいものでほんとずっと2.5次元界隈の情報を集めてた気がします。

 

荒木宏文さんという俳優さんはすごくプロ意識の高い方で。

ベテランの方なのに決して驕ることなく。色々あるんですけど個人的に好きな話は慕ってくれる後輩のことを「歳が上というだけで慕ってくれて有難い。良い背中を見せられるようにしたい」(意訳)なんておっしゃったこと。・・・・・うち(弊社)の先輩がたに言ってやってくれ(切実)って感じでした。

歳が上なだけ、ってものすごくキャリアも実力もある人が謙遜でもなんでもなく本気で言っているんですよ。自分はまだまだだって本気で言い続ける人なんです。すごいなって。

 

このころだいぶ仕事で限界だった私。あらゆることが無理だけどとにかく土日休みたい。無理無理。って思っていて。

 

でも舞台だと平日のほうがめちゃくちゃチケットが取りやすいんですよね。

そして新たな推しのプロ意識をすごく尊敬出来ると思ったので「まだ頑張れるんじゃないか」「荒木さんみたいになりたい」「今の仕事ほんとうに死にそうだけど平日はわりと好きに休めるし・・・・」と言い聞かせる日々を送っていました。

それに辞められないし(半年に渡り退職交渉をしたけどあらゆる文句を使われ話が進まなかった)

 

〇4月

新たな推しのプロ意識をものすごく尊敬して仕事に対する思いを改めたヲタク。

このへんの時期は我ながらめちゃくちゃ好成績を叩き出す。

 

いやほんとに。今思えばこのへんで好成績を叩き出した結果職場のベテランさんとの仲が不穏になったのでやめておけばよかったです(闇)

 

この月はうーちゃんのダンスの舞台に行ったり、荒木さんとは別の2.5次元俳優さんの舞台に行ってみたり、とにかく平日休みであることの恩恵を受けることでなんとか頑張っていこうともがいていました。(荒木さんはこの時期5月の舞台の稽古中でした)

 

このへんで問題だったのは、NEWSに会う約束がない寂しさがあったのでジャニーズの情報をあまり見ないようになっていたということ。

そしてあまりにも荒木さん、荒木さん、と俳優界の推しの話ばかり友人の前でもしていたら本気でこのまま担降りできるんじゃ???みたいなテンションになってきてしまっていたこと。

 

現場があるって大事。

 

埼玉しか無理なの?ほかのところは?って優しいフォロワーさんが声をかけてくれたんですが無理なんだよな・・・・という悲しみ。

 

あらゆる悪循環で5年も好きな慶ちゃんの情報をあまりちゃんと追えていない数ヵ月でした。

ラジオ聞いたりウェブ読んだり雑誌買ったりはしてたけど・・・・してたんですけど気分的な問題が。

 

 

〇5月

 

もう今月に入ると「なんとか頑張ろう」ブーストが切れてきていました。

いやもう頑張れなくない???みたいな。

 

好成績を出せば出すほど職場の先輩が口をきいてくれなくなる。

私としては個人の成績なんかどうだって良かった。職場の為と思っていた。プロ意識を持って会社のために仕事をしよう。荒木さんを見て、自分の中で折り合いをつけて、ようやくそう思えたのに。

ただでさえ辞めたい、辞めさせてもらえない職場でなんでそんな態度とられるの、って思うとしんどすぎて無理。みたいな月でした。

 

そして荒木さんの舞台が始まりました。

シリーズもので2つの舞台が同時進行でやっているのですが、それぞれ3回ずつ見に行くとかいうわけのわからない勢いの良さ。サンシャイン劇場の近くに住みたいって感じでした(笑)

 

たまたま休みが被ったWORLDISTAの日程のところはチケットを探したりしていたんですが、まーーーーー見つからない。

仕方ないか、と思っていました。追加公演はなんかなさそうな気配がするけど諦めるしかないなって。

 

そんな時、友人(非ヲタ。でもNEWSが好きだと言っていたので毎年誘ってついてきてくれてた)から連絡がきました。

 

「私の友達が急に行けないって言うんだけど・・・・茉莉花ちゃんお休み?」

 

休みではないけど(※当時)行きたい、行かせて、という気持ちでした。

シフトが急にコロコロ変わる職場なのでワンチャン休みになるかもしれないしお願いちょっと保留で、と返しました。

 

月半ばになるともう胃は痛いし食欲は失せるし仕事の前の日寝付けないし、職場にいて先輩に無視されたりストレスを感じると心臓がキュッとなって息が苦しくて。

 

上司にもう無理ですやっていけないんです、と訴えてもどこへ行っても辛いんだよと取り合ってもらえず。

胸が痛くて本当に無理と言っても「恋なの?(笑)」って言われる始末で(※実話)

 

辛ければ辛いほど推しを思い出しました。

慶ちゃんのことを思い出しました。

 

今の会社に内定をもらう前。カルテットの前でした。

絶対絶対、慶ちゃんに会いに行く前に内定をもらうんだって思ってた。

そしてそれをやり遂げたんですよ。

頑張って入った会社。慶ちゃんに頑張ると誓ったカルテット。

 

今逃げたら慶ちゃんに顔向け出来ないんじゃないかって思いました。

いったいどんな顔をして次慶ちゃんに会いに行ったらいいんだろうって。

 

WORLDISTAには外れているし。新しい推しもジャニーズ以外にできて。

もしかしたら慶ちゃんから離れても平気なんじゃって思っていた。

 

でも辛いときに、自分が今まで頑張れてきたのは間違いなく慶ちゃんのおかげだと思い出したんです。

 

そんな時、仕事の買い出しで行ったお店で、ふいにすごく聞き覚えのあるメロディーが流れてきました。

 

NEWSの「生きろ」でした。

 

メロディーだけで、歌がないver.で、たしかオルゴールみたいなアレンジがされていたんですが、それは間違いなく「生きろ」だった。

歌がなくたって脳内でちゃんとNEWSの歌声が聞こえてきました。だって毎日毎日、死ぬほど聞いた歌だから。

 

慶ちゃんがいなくても、NEWSがいなくても大丈夫なんてこと全然なかった。

仕事中にふいに聞いてしまったらもう無理だと思った。

 

頑張れなくても、休んでも、きっと慶ちゃんなら許してくれると思った。

ちょっと休んで、また頑張ったらいいんじゃないかと思った。

 

推しに自分の運命を委ねるなんて絶対にダメだと思う。

でも、誰かに、それも自分がとびきり大好きな人に背中を押してもらわないともう一歩も歩けないと思った。

 

休もう。辞めよう。逃げよう。

逃げる自分を許してあげようと思いました。

 

内科にもかかったけどストレスだと思いますよ、と言われていました。

もう胸が苦しいし痛すぎて死ぬんじゃないかと思った。

何もかも嫌になって生きることを投げ出す前に心療内科に駆け込んだら問答無用でドクターストップをかけられました。

 

「診断書があっても休めるかわからない。怖い。人もいないし許してもらえないかも」

 

って泣き崩れた私をめちゃくちゃ気の毒そうな目で先生が見てきて「いいですか、普通の会社なら休ませてくれますよ」って言ってくれました。

 

普通の会社ではなかったらしいので診断書はまだ私の手元にあるし私に事前の説明なく有給が使われることになりまして(このへんでフォロワーさんに違法なのでおかしいとめちゃくちゃ心配とアドバイスをいただく)

 

正式な休職ならまだ罪悪感があったのに有給を勝手に使われてるなら気にしなくていいな???????とブチ切れてしまった私。

友人が誘ってくれていたのはWORLDISTA長野公演、それもオーラス。

 

行くっきゃないな

と思いました。

 

バカみたいだけどこのタイミングでお譲りの話が出たのは慶ちゃんに呼ばれてる気がしたんですよ。

限界なんでしょ?もういいんじゃない?って。

 

落選したこともちょっとジャニーズから離れかけたこともこのためだったのかなって。

全部必要なことだったのかなって。

結果的に私には新しい趣味(舞台鑑賞)と新しい出会いがあって、職場は職場で限界になるまで働いてそれなりに良い成果を残すことができた。

 

でも最後は帰っておいで、って。待ってるよ、って。

 

だから(?)私は長野に行ってきました。

ずっと何が食べたいとか思わない生活が続いていたけど、長野ついたらお蕎麦食べたいな、とか、あ、ソースカツ有名なんだ!食べよう!とか。そういう気持ちが出てきて。

 

そしてWORLDISTAが始まりました。

すっっっごい楽しかった。行って良かった。

 

最近の髪色の慶ちゃん、見慣れなくてちょっと苦手って思ってたんです。

でも、生で見たらすごいキラキラしてて素敵だった。かっこよかった。

慶ちゃんの笑顔を見ていたらなんかもう色々どうでもよくなった。

 

なにより慶ちゃんずっと楽しそうだった。あの慶ちゃんを見ることができて良かった。

 

ファンサのターンになるたびにずーーーーっとファンサしてて。ファンサの鬼だった。

元から別に少なくはなかったはずだけどそれにしてもすごいなって感じだった。

慶ちゃんが幸せそうで私も幸せだった。

 

そして四銃士

私はスタンドだったのですが、幸運にも慶ちゃんのリフターが目の前でした。

わー!近い!と思ったものの、ファンサ云々は期待せずにいました。

急に参戦が決まったので公式うちわしか持っていなかったので。

 

だから慶ちゃんニコニコしてて可愛いなーって普通に眺めていたんですよ。

そしたらふいに目が合って。いやもう合ったと思っているだけなんですけど!(笑)

 

なん、か、こっち・・・・見てないか・・・・?!

みたいな(笑)

 

瞬時に思ったのは私じゃないかもしれないけど億一私だったらなにか反応しないと慶ちゃん寂しがるんじゃないかって、推しを悲しませるものかって。

 

だからめっちゃペンラ振ったしここに慶ちゃんのファンいるよ!!ってうちわ握りしめたら、指さしてくれて。「わかってるよ、そこにいること」って思ってくれたのかなって。

まぁそのあと投げちゅー食らって記憶が飛びましたけど(笑)

なにが起こったか全然思い出せなくて帰り道に四銃士思わず聞いちゃいましたけど(笑)

隣にいた友人が流れ弾でこっちも死んだって言ってたのできっとあれは私って思っておきます。

 

なんか、嬉しかったです。たとえあれが勘違いでもこの際いいんですよ。

あんな真っすぐな眼差しでファンを見つめる人が私の大好きな人なんだって思えたことが嬉しいんです。

自分のファンをちゃんと探してくれる人なんだって。好きなのはこっちばかりじゃない。慶ちゃんもファンを思ってくれているんだって。

 

そんなのもう、これからもついていくっきゃないですよ!(笑)

 

帰り道、あれほど胸も痛いし息も苦しかったのが和らいでいて。

もちろん仕事を思い出すとまだ辛いけど。

 

休む決断も、慶ちゃんに会いに来たことも、間違いじゃなかったって思いました。

そして思いました。

STORYまでには絶対転職するし、転職先は土日休みにしたいし、また遠征がしたい、と(笑)

 

嫌な事忘れに来たんだろ?幸せにしてやるよ!明日から頑張れよ、って慶ちゃんが言ってくれた。

そして長野に逃げてきた私を見つけてくれた。なんか、許された気がしたんです。逃げてきた自分が。

 

明日から頑張ったらいい、そう思えた。

 

少しずつまた頑張っていきます。

まだ思い切りドクターストップ中なのでなるべく家でゆっくりいたいとは思うのですが、家も特に気が休まるわけではないので、転職からの引っ越しを狙っています。

 

また元気になったころに慶ちゃんに会いに行きたいと思います。

 

できたら人生でまだ行ったことのない北海道か、大阪か、福岡希望!(笑)

 

ここまで私のどーでもいい近況を読んでくださった方がいらっしゃったらありがとうございます。

また少しずつ歩いていきたいと思いますのでよろしくお願いします。